トップへ » 当院の6つの特徴 » 歯周病治療 » 歯周病治療

歯周病治療

知らぬ間に進行する恐ろしい病気「歯周病」。歯周病の専門知識を学んだ歯科医師が在籍しておりますので、お気軽にご相談ください。

歯周病治療

近年、成人が歯を失う原因の6割を歯周病が占めていると言われています。歯垢が石灰化して歯石になると、歯と歯肉の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。炎症が歯肉内部に進むことで、歯を支えている歯槽骨が徐々に破壊されていき、最終的に歯が抜け落ちてしまうのです。

歯周病は症状に現れにくく、自覚する頃には末期状態、というケースがほとんどです。そのため、定期的な健診で早期発見し、歯を守ることが大切です。当院の院長は、歯科医師の研究グループである「JIADS(ジアズ)」にて歯周病治療を専門的に学んでいます。

そんな歯科医師と歯科衛生士が、一人ひとりの症状に合わせた治療計画を立て、歯周病治療を行っております。また、失われた骨を再生する「歯周組織再生治療」などの治療にも取り組んでいます。患者さまの負担や衛生面を考え、時間をかけない治療も心がけております。

あなたの「歯」のむし歯・歯周病危険度をチェック!
□ お酒を飲んだ日は、そのまま寝てしまうことがある
□ 甘いものが好きで、ジュースやアメなどいつも何か口にしていることが多い
□ 歯ブラシの毛がすぐに開いてしまう
□ 歯の間に物がよくはさまる
□ 歯ぐきが腫れたり血が出ることがある
□ 歯ぐきの色がピンクではなく、赤や赤紫になっている
□ 歯がのびてきた
□ 固いものが噛めない
□ 指で歯を押したり、強くかみ締めると歯がぐらつく
□ 指で歯茎を押すとブヨブヨしている
□ 口がネバネバする
□ 歯が浮いた感じがする

当てはまる項目が多いほど、歯周病になっている危険性が高いと言えます。歯周病は、むし歯のような強烈な痛みがないため、気づいた時にはだいぶ進行してしまっているものです。一つか、二つでも当てはまるものがありましたら、ライフスタイルの改善にも気をつけながら、一度、検診にいらっしゃってください。


トップへ » 当院の6つの特徴 » 歯周病治療 » 歯周病治療



TOP