トップへ » 院長あいさつ » 副院長あいさつ

副院長あいさつ

副院長あいさつ

こんにちは。医療法人社団東優会 東浦和おか歯科・矯正歯科、副院長の岡 麗来です。
当院では月に8日以上、矯正専門の歯科医師による矯正治療をお受けいただくことができます。小児矯正も成人矯正も行っており、矯正装置もご要望に沿えるよう、豊富に取り揃えております。歯並びのお悩みがございましたら、何でもご相談ください。

私は矯正医として、見た目にも美しく噛み合わせにもこだわった矯正治療を行ってまいります。歯並びがもたらす歯への影響をしっかりお伝えし、ご理解いただきたい。そうすることで、一生付き合えるキレイで機能性に優れた歯並びを、患者さまと共に実現していきたいと考えています。

整った歯並びが究極の予防歯科だと思っています

副院長あいさつ私の実家は歯医者だったので、ずっと歯科医師になりたいと思っていました。中でも矯正医を目指したきっかけは、実家の医院に非常勤医師として勤務していた矯正医の先生への憧れでした。その先生の治療を見ていて、健康な歯を動かしてキレイな歯並びを作ることこそが「究極の予防歯科」なのだと知りました。

学生実習から今までの歯科医経験を通じて、歯並びが原因で歯がボロボロになってしまった方などを見てきて、根本である歯並びから再構築していくことの大切さを目の当たりにしました。そういった経験から、矯正医として患者さまのお口の中の健康をサポートしていきたいと考えるようになりました。

「見た目」と「噛み合わせ」どちらも実現したい

副院長あいさつ私は、患者さまに「キレイで白い歯並びになってほしい」と願います。これは矯正医として当然のことですが、やはり何より実現したいテーマです。そしてもう1つ「最高の噛み合わせを作ること」も、矯正医として絶対にご提供していかなければならないことです。

また、患者さまが気付かない細かい部分でも、噛み合わせによくない部分はたくさんあります。そういった部分に気付き、しっかりと治してあげること。患者さまご自身は、放置しているつもりはありませんので「ここも矯正治療が必要ですよ」と教えてあげることが大切なのです。せっかく治せる歯並びですので、一人でも多くの患者さまの歯が、ずっと失われずに済むよう力を尽くしていきたいと思います。

患者さまそれぞれの価値観を大切にしたい

副院長あいさつ患者さまそれぞれで、理想の歯並びに対する価値観は変わってきます。また、費用などの心配もあるかと思います。私は、患者さま一人ひとりの価値観やご要望を尊重した治療をご提供していきたいと考えています。歯は、人間にとって一生付き合っていくものです。そのため、患者さまが望む「幸せ」を一緒に考え、見つけていきたいと思っています。

医院全体としては、患者さまにとって当院が「痛いから治しに行く場所」ではなく「楽しく歯を守るために行く場所」でありたいと願っています。そんな想いからキッズクラブイベントも実施しています。そういったイベントをとおし、矯正医としても一歯科医師としても、地域の皆さまに歯を守ることの大切さを知っていただきたいと考えています。

副院長プロフィール

副院長あいさつ<副院長経歴>
1997年3月 国際基督教大学高等学校卒業(I.C.U.高校)
1998年3月 国立新潟大学歯学部入学
2004年3月 同大学歯学部卒業
2004年4月 東京医科歯科大学歯学部附属病院 顎顔面矯正学講座入局
2007年3月 顎顔面矯正学分野専攻課程修了、修了証授与
2009年9月 顎顔面矯正学分野退局
       矯正専門の歯科医院で勤務
       その他5か所の歯科医院にて矯正歯科医師として勤務
2014年11月 医療法人社団東優会 東浦和おか歯科・矯正歯科 理事就任

<研修実績>
2004~2009年 東京医科歯科大学歯学部附属病院 顎顔面矯正学講座にて5年半に渡り矯正歯科治療を行い研修。専攻課程を修了。
2009~2010年 池袋クリア歯科・矯正歯科で矯正歯科医師として勤務
        矯正歯科学会、顎変形症学会、ホワイトニング講習会、に参加
2009年~現在 5か所の歯科医院の矯正治療責任者として矯正治療を担当中

<所属学会・勉強会>
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本顎変形症学会
日本歯科審美学会


トップへ » 院長あいさつ » 副院長あいさつ



TOP