トップへ » 当院の矯正歯科の5つの特徴 » あなたの歯並びはどれ? » 受け口で悩んでいる

受け口で悩んでいる

あなたの歯並びはどれ?一般的に受け口と呼ばれるタイプの方は「反対咬合(はんたいこうごう)」である可能性があります。反対咬合は、遺伝的な要因、もしくは上唇を噛んだり舌を突き出したりするなどの癖が原因となります。永久歯が生え揃った状態ですと、矯正治療での改善となります。

※手術併用の矯正治療が必要な患者さまの場合は当院での治療が困難ですので、他院をご紹介いたします。

<反対咬合の特徴>
●口を閉じると下の歯列が上の歯列よりも前に出る
●あごがしゃくれている
●下あごが発達している
●咀しゃくがしにくい
●発音がしづらい


トップへ » 当院の矯正歯科の5つの特徴 » あなたの歯並びはどれ? » 受け口で悩んでいる



TOP