トップへ » 当院の矯正歯科の5つの特徴 » あなたの歯並びはどれ?

歯並びのタイプ

歯並びにはさまざまなタイプがあります。どんなタイプでも矯正治療で改善できますので、お悩みの方はぜひご相談ください。

あなたの歯並びはどれ?

矯正治療を希望される患者さまのほとんどは、歯並びが悪く、見た目に悩んでいる方です。しかし、一言で悩んでいると言っても、歯並びにはさまざまなタイプがあります。ここでは、歯並びのタイプとその特徴をご紹介いたします。

歯がデコボコしている

あなたの歯並びはどれ?歯がデコボコに生えている方は「叢生(そうせい)/乱杭歯、八重歯」の可能性が高いです。あごの大きさと歯の大きさのバランスが悪いことが原因で歯が重なってしまい、デコボコになっている状態です。歯磨きがしにくく、ブラッシングが届かない部分が多くなってしまいます。そのため、むし歯や歯肉炎、歯周病を引き起こしやすくなります。

<叢生の特徴>
●歯の列がデコボコしている
●食事後、食べカスが残りやすい
●笑うと犬歯が見える

出っ歯がずっと気になっている

あなたの歯並びはどれ?一般的に出っ歯と呼ばれるタイプの方は「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」の可能性が高くなります。前歯の角度異常や上あごが下あごよりもバランス的に大きい、下あごの成長不足、指しゃぶりの癖などが原因です。また、発育過程で鼻に疾患を抱えたために口呼吸になっている子どもにも多く見られます。

<上顎前突の特徴>
●上の前歯が下の前歯よりも前に出ている
●口を閉じにくい
●無理して口を閉じると口元が不自然に歪む

噛み合わせが深い

あなたの歯並びはどれ?噛み合わせが深すぎる状態を「過蓋咬合(かがいこうごう)/ディープバイト」と言います。乳歯を早期に喪失したり、むし歯による奥歯の欠損を放置したりしてしまったことが原因となる場合もあります。下の前歯が上あごの内側の歯肉を傷つけることで、炎症を起こしてしまうこともあります。

<過蓋咬合の特徴>
●噛み合わせると前歯が深く沈み、上の歯が下の歯を隠してしまう

受け口で悩んでいる

あなたの歯並びはどれ?一般的に受け口と呼ばれるタイプの方は「反対咬合(はんたいこうごう)」である可能性があります。反対咬合は、遺伝的な要因、もしくは上唇を噛んだり舌を突き出したりするなどの癖が原因となります。永久歯が生え揃った状態ですと、矯正治療での改善となります。

※手術併用の矯正治療が必要な患者さまの場合は当院での治療が困難ですので、他院をご紹介いたします。

<反対咬合の特徴>
●口を閉じると下の歯列が上の歯列よりも前に出る
●あごがしゃくれている
●下あごが発達している
●咀しゃくがしにくい
●発音がしづらい

すきっ歯で悩んでいる

あなたの歯並びはどれ?一般的にすきっ歯と呼ばれるタイプの方は「正中離開(せいちゅうりかい)」や「空隙歯列(くうげきしれつ)」の可能性が高いです。上唇小帯という上唇から上あごにつながる筋が長いことや、あごと歯の大きさが合っていないこと、生えてきている歯が足りないことが原因の場合が多いです。

歯と歯の間に隙間ができてしまっており、見た目と発音、歯周組織の問題があります。軽度の場合ならラミネートベニアというチップで埋めることで改善できる場合もあります。

<正中離開の特徴>
●歯と歯の間に隙間がある
●発音がしにくい

前歯がうまく閉じられない

あなたの歯並びはどれ?「開咬(かいこう)/オープンバイト」である可能性があります。指しゃぶりや舌を突き出す癖、口呼吸などが原因となる場合があります。上下の前歯を閉じても隙間ができてしまうため、前歯で食べ物を噛み切ることが難しくなります。発音がしにくくなる場合もあります。

<開咬の特徴>
●口を閉じても上の前歯と下の前歯の間に隙間ができてしまう
●舌を前方に突き出す癖がある


トップへ » 当院の矯正歯科の5つの特徴 » あなたの歯並びはどれ?



TOP