トップへ » 当院の矯正歯科の5つの特徴 » 治療のタイミングが重要!

3歳からの治療

治療のタイミングが重要反対咬合の可能性があるお子さまは、この時期からの矯正治療をおすすめします。反対咬合は、2歳児までは50%が自然に治ると言われていますが、3歳児での自然治癒は10%以下と急速に低下します。気になる場合は、早めの受診をご検討ください。

6歳~11歳からの治療

治療のタイミングが重要本格的な矯正治療には「第一期治療」と「第二期治療」があります。第一期治療は、6~7歳頃から始まり、あごの成長を調整したりあごの骨を広げたりする治療などを行います。どこの段階まで進むかは人それぞれです。第一期治療でキレイになる患者さまもいらっしゃいますが、約8割は第二期治療に進んでいます。

12歳から成人までの治療

治療のタイミングが重要第二期治療は、中学生か高校生頃からです。ワイヤーで歯並びをしっかり整えて最適な噛み合わせを作っていきます。そして第二期治療が終了した中学生から20代後半にかけて、仕上げ治療を行います。そこで噛み合わせをしっかり完成させ、一生キレイに保つ歯並びを手に入れましょう。

小児矯正治療メニュー

拡大床小児矯正治療メニュー
あごが小さかったり歯が大きかったりするなどが原因で歯が生えるスペースがないお子さまには、拡大床を使用して歯が生えてくるスペースを確保していきます。歯がしっかりと生えてくるための土台を作ってあげることも、歯並びをよくするための大切な治療です。この治療で骨格が変わることはありませんので、ご安心ください。

リンガルアーチ小児矯正治療メニュー
リンガルアーチは、奥歯にリングを付けて、針金が両側を結ぶように歯の裏側を走る装置です。見た目ではほとんどわかりません。歯の固定源にしたり、バネをつけて歯を動かしたりします。

タングクリブ小児矯正治療メニュー
舌を突き出す癖や、舌が常に前歯の裏側に当たっている、唾を飲み込むときに舌が前に出て歯に当たってしまうなどの問題があるお子さまは、上下の前歯が噛み合わない「開咬」となってしまう可能性があります。タングクリブは、開咬の改善を促すトレーニングの補助装置です。

バイオネーター小児矯正治療メニュー
噛み合わせが深い、上下のあごの前後的なバランスが悪いなどの問題を持つお子さまに適した装置です。骨格的なあごのアンバランスや、歯の問題の両方に適応できます。

ヘッドギア小児矯正治療メニュー
歯並び全体が下の歯並びに対して前に出ている「出っ歯」の改善に使用する装置です。装着することで、奥歯を奥へ動かすことができます。また、奥歯と共に歯並び全体を奥に押すこともできる効果の高い装置です。

成人矯正治療メニュー

セラミックブラケット(インビュー)成人矯正治療メニュー
歯の色に自然にマッチする真珠のような光沢をもつセラミックの装置です。歯の色になじみ、目立ちにくいので、審美性に非常に優れています。当院では、このセラミックブラケットに、目立ちにくい「ホワイトワイヤー」や「ゴールドワイヤー」を合わせ、さらに自然な見た目に仕上げています。

プラスチックブラケット成人矯正治療メニュー
透明なプラスチックでできたブラケットです。前歯や笑った時に見える部分の歯につけます。メタルブラケットに比べて目立たないので、審美性に優れています。

インビザライン成人矯正治療メニュー
透明で取り外し可能なマウスピース型の矯正装置です。当院では、インビザライン社の認定を受けた「インビザラインドクター」が治療を行っております。透明な装置ですので、装着時もほとんど目立たず、大切な外出やお食事の際には取り外していただけます。コンピュータを用いて作成されるマウスピースを約2週間ごとに付け替えて、徐々に歯列を動かしていきます。

リンガルブラケット(裏側装置)成人矯正治療メニュー
リンガルブラケットは裏側矯正とも呼ばれ、歯の裏側に装置を取り付ける矯正治療です。表からは見えないため、矯正をしていることをほとんど気付かれません。費用が高価になってしまうデメリットがあります。

インプラントアンカー成人矯正治療メニュー
インプラントアンカーとは、ピアスほどの大きさの小さなネジです。これは、矯正治療で「動かしたくない歯」がある場合や、従来では困難であった歯の難しい移動を行う場合に使用します。

骨にネジを取り付けて、固定源として使う方法です。前歯をひっこめたい方や、なるべく歯を抜かずに治療したい方などに適しています。部分麻酔のみで短時間で付けることができ、半年から1年程で簡単に除去できます。

部分矯正(MTM)
歯にクラウンやブリッジなどを入れる治療の際に、歯の位置や角度が悪いために入れられない場合があります。そういった場合に、部分的に矯正して適切な歯並びを作り、治療を可能とするための矯正治療です。

リテーナー(保定装置)成人矯正治療メニュー
矯正装置によって歯やあごの移動が完了したあと、歯が元に戻らないように固定させる装置をリテーナーと言います。取り外しができるものか、人からは見えない歯の裏側に貼り付ける装置です。取り外し式の装置の場合、矯正治療後1年間は1日中、2年目は夜間に装着していただき、3~4か月の間隔でメンテナンスにご来院いただくのみで構いません。


トップへ » 当院の矯正歯科の5つの特徴 » 治療のタイミングが重要!



TOP