トップへ » 当院の6つの特徴 » 一般歯科 » 一般歯科

一般歯科

むし歯は、放置しておくと進行するばかりです。早めの来院をおすすめします。当院は「できるだけ痛くない治療」を心がけています。

一般歯科

「冷たい食べ物が歯にしみる」
「歯の変色が気になる」
「噛むたびに違和感を覚える歯がある」

こんなお悩みをお持ちではないですか?それはむし歯の前兆です。むし歯は、進行すればするほど歯を削る量が増えてしまい、治療が大変になってしまいます。そのため、初期段階での治療をおすすめします。異変に気付いたらそのまま放置せず、早めにご来院ください。

むし歯の進行
むし歯の進行には「CO~C4」までの段階があり、その段階に応じて治療方法が変わります。進行状況によっては、歯の神経を残せない場合もあります。まずはご自身の状態をしっかりと把握し、早期発見に努めましょう。

co●CO:初期むし歯
歯が溶け始めてむし歯が始まっています。この段階であれば、フッ素入りの歯磨き剤を使って歯磨きをしっかり行いましょう。再石灰化させることも十分可能です。

c1●C1:エナメル質のむし歯
エナメル質と呼ばれる歯の表面が少し黒くなっている初期段階です。痛みはほとんどなく自覚症状がありません。当院では経過観察とし、削らずに様子を見る場合も多々あります。

c2●C2:象牙質のむし歯
エナメル質から象牙質まで、むし歯が達している状態です。冷たいものがしみることがあります。治療はおおよそ1~3回程度で終了します。

c3●C3:神経のむし歯
歯に穴が開いてしまった状態で、見た目にもわかります。冷たいものや温かいものが歯にしみるといった自覚症状が出始める頃ですので、すぐにご相談ください。むし歯を削るだけでなく、神経の治療も必要となります。完治までは3回以上の通院が必要です。

c4●C4:歯根のむし歯
歯の神経が死んでしまい、痛みは感じなくなります。ですがむし歯は進行し続けますので、感染を起こし、大きな腫れや痛みを起こすことがあります。放置せずに治療をお受けください。治療方法としては抜歯の可能性が高くなります。


トップへ » 当院の6つの特徴 » 一般歯科 » 一般歯科



TOP