トップへ » 当院の6つの特徴 » 口腔外科

短時間で、痛みが少ない口腔外科

さまざまなタイプの親知らずの抜歯に対応しています。スピーディかつ痛みの少ない治療で、患者さまの負担を軽減いたします。

口腔外科

歯だけでなく、あごや舌などお口の中を構成するすべての部分における外科的な分野の治療を「口腔外科」と言います。当院の院長は親知らずの抜歯を得意としており、あごの中深くに埋まっているケースや横に向いて生えて埋まっている親知らずなど、ほとんどの親知らずの抜歯に対応可能です。通常「難しいので大学病院で抜いてください」と言われてしまうような親知らずにもほぼ対応可能です。

短時間で痛みの少ない治療をしており、親知らずの抜歯などでは、患者さまに「もう抜いたの?」と驚かれることも多々ございます。

また、あまりにも難易度の高い親知らず、顎関節症の難症例、口腔癌などの患者さまは、提携している「国立東京医科歯科大学歯学部附属病院」や「川口市立医療センター」へのご紹介もしております。どんな症状の患者さまも安心してご相談ください。

口腔外科の治療メニュー

親知らずの消炎・抜歯処置口腔外科の治療メニュー
当院では、さまざまな親知らずのタイプに応じて、対応策をしっかりご説明した上で抜歯を行っています。また、最新の歯科用CTを完備しておりますので、難しい症例の抜歯にも柔軟に対応しております。また、横向きで埋まっている親知らずの抜歯に関するCT撮影は、保険治療の対象となります。

顎関節症(あごの違和感、痛み)
当院では、顎関節を詳細に診断できるレントゲン撮影を行い、患者さま一人ひとりに合わせた関節の状況や処置方針をしっかりとご説明いたします。通常はマウスピースを用いた治療を行っていますが、一過性の痛みの場合は鎮痛薬の服用で治まる場合もあります。

粘膜疾患
お口の中にはさまざまな細菌が存在しており、口内炎などの簡単な症状から癌などの重い病気まで、粘膜に現れます。早期発見をし、適切な処置を行うことが重要です。


トップへ » 当院の6つの特徴 » 口腔外科



TOP