トップへ » 当院の6つの特徴 » 歯周病治療

歯周病治療

知らぬ間に進行する恐ろしい病気「歯周病」。歯周病の専門知識を学んだ歯科医師が在籍しておりますので、お気軽にご相談ください。

歯周病治療

近年、成人が歯を失う原因の6割を歯周病が占めていると言われています。歯垢が石灰化して歯石になると、歯と歯肉の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。炎症が歯肉内部に進むことで、歯を支えている歯槽骨が徐々に破壊されていき、最終的に歯が抜け落ちてしまうのです。

歯周病は症状に現れにくく、自覚する頃には末期状態、というケースがほとんどです。そのため、定期的な健診で早期発見し、歯を守ることが大切です。当院の院長は、歯科医師の研究グループである「JIADS(ジアズ)」にて歯周病治療を専門的に学んでいます。

そんな歯科医師と歯科衛生士が、一人ひとりの症状に合わせた治療計画を立て、歯周病治療を行っております。また、失われた骨を再生する「歯周組織再生治療」などの治療にも取り組んでいます。患者さまの負担や衛生面を考え、時間をかけない治療も心がけております。

あなたの「歯」のむし歯・歯周病危険度をチェック!
□ お酒を飲んだ日は、そのまま寝てしまうことがある
□ 甘いものが好きで、ジュースやアメなどいつも何か口にしていることが多い
□ 歯ブラシの毛がすぐに開いてしまう
□ 歯の間に物がよくはさまる
□ 歯ぐきが腫れたり血が出ることがある
□ 歯ぐきの色がピンクではなく、赤や赤紫になっている
□ 歯がのびてきた
□ 固いものが噛めない
□ 指で歯を押したり、強くかみ締めると歯がぐらつく
□ 指で歯茎を押すとブヨブヨしている
□ 口がネバネバする
□ 歯が浮いた感じがする

当てはまる項目が多いほど、歯周病になっている危険性が高いと言えます。歯周病は、むし歯のような強烈な痛みがないため、気づいた時にはだいぶ進行してしまっているものです。一つか、二つでも当てはまるものがありましたら、ライフスタイルの改善にも気をつけながら、一度、検診にいらっしゃってください。

歯周病の進行段階

歯周炎歯周病の進行段階
歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎のすきまに、歯垢や歯石がたまり、歯ぐきが炎症を起こす症状です。自覚症状はほとんどありませんが、歯ブラシでブラッシングすると、歯ぐきから出血することがあります。

軽度歯周病歯周病の進行段階
歯肉の腫れが大きくなり、歯槽骨が若干溶けてきます。骨が溶けることによって、歯周ポケット(歯と歯ぐきのすきま)が3~5mmとより深くなるため、この溝に細菌がたまりやすくなっており、歯周組織(歯の周りの組織)へ炎症が進んでいる状態です。

中等度歯周病歯周病の進行段階
軽度の歯周炎が進行し、歯槽骨が約二分の一くらいまで溶けてきます。歯周ポケットが4~7mmとなり、歯がぐらぐらするようになり、硬いものが噛みにくくなることがあります。ブラッシング、歯石除去に加え、歯周外科などの処置が必要となることもあります。

重度歯周病歯周病の進行段階
歯槽骨は三分の二以上が溶け、歯周ポケットはかなり深く(6mm以上)なります。歯ぐきがブヨブヨと赤く腫れて、膿(うみ)が出てきます。歯槽骨がさらに吸収されるため、歯根が露出し、歯のぐらつきが大きくなります。このような状態になると、抜歯になる可能性が高くなります。

当院の歯周病治療メニュー

スケーリング歯周病治療メニュー
スケーリングとは、歯根表面に付着した歯石や歯垢を除去し、歯の表面を滑らかにすることです。歯石は一度取ってもしばらく経つと再び形成されてしまいますので、定期的にスケーリングを行うことをおすすめします。

歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯周ポケット掻爬術とは、歯肉に麻酔をして歯周ポケットの中の歯垢や歯石を除去する手術です。歯周ポケットの深さが3~5mm程度の、比較的軽症の場合に行うものです。

歯肉切除
歯肉が腫れあがっている場合に行う手術です。不要な部分の歯肉を切除し、縫合して歯周病の進行を防ぎます。比較的簡単な手術なので、短時間で完了できます。

フラップ手術
フラップ手術とは、歯肉を切開して歯槽骨から剥離することで、露出した歯根の歯垢や歯石の除去、歯槽骨の清掃、ダメージを受けた歯肉などの組織を除去する手術です。この手術で、歯肉をもとの健康な状態に戻すよう努めます。これは、症状が重症な患者さまに適応した治療方法です。また、院長はフラップ手術において、多くの経験を有しております。

GTR法(組織誘導再生法)
歯周組織再生療法の1つで、歯周病で失われた骨の部分に膜を張り、上皮の侵入を防ぐ治療方法です。そうすることで、歯槽骨や歯根膜などの歯周組織が回復するためのスペースを確保できます。

GBR法(骨組織誘導再生法)
GBR法とは、破壊された歯槽骨や顎骨などの骨組織の再生を促す治療方法です。インプラントを埋入するための増骨などにも利用される方法です。

エムドゲイン法
歯周病に侵された歯周ポケット内部の汚れや細菌を取り除いたあとに「エムドゲインゲル」を注入することで、歯周組織を再生させる治療法です。1回の治療で効果が現れるのが特徴です。


トップへ » 当院の6つの特徴 » 歯周病治療



TOP